4kiz

NEWS

ニュース

Press Release

小泉文明氏ら国内外個人投資家を引受先とする第三者割当増資を実施

12歳以下子ども向けSNSアプリの今夏リリースに向けてプロダクト開発とパートナーシップ構築を推進

12歳以下子ども向けSNSを開発する株式会社4kiz(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:本山勝寛)は、この度、小泉文明氏、守屋実氏、大冨智弘氏、鬼塚忠氏、畠山和也氏ら国内外7名の個人投資家を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。

■ 資金調達の背景と目的
大手SNS(Facebook, Instagram, Twitter, TikTok等)は全て利用規約上13歳以上に限定されていますが、近年12歳以下の子どもの多くがスマートフォンやタブレットを所持するなか、利用規約に違反してSNSを利用している小学生も増えており、安全ではない状況にさらされています。そこで、株式会社4kizは、子どもの絵やブロック、昆虫・植物観察、自由研究、漫画、料理、プログラミング等の作品を親子で投稿しシェアできる安心・安全なSNSをコンセプトに、子どもの創造性を育む新しいSNSアプリ「4kiz(フォーキッズ)」を開発しています。

4kizは、「こどもたちの可能性を無限に引き出す世界中のつながりをつくる。」をミッションに掲げ、本SNSを通して、子どもたちが好きなことでつながり合うことで好奇心を伸ばし、創作品を動画で投稿しシェアすることで創造性を育むことを目指して、各種機能を設計しています。また、親が子どもの投稿やコメントを管理、承認することができ、誹謗中傷やいじめにつながりやすいNGワードを入力できない機能を搭載することで、安心・安全な環境を整備します。

今回の第三者割当増資で調達した資金を、12歳以下子ども向けSNS「4kiz」のアプリ開発に係る人件費やマーケティング費用に充て、2022年夏を予定しているアプリリリースに向け、プロダクトの磨き込みやパートナーシップの構築等を推進して参ります。

■出資者からのコメント

小泉文明氏
(メルカリ代表取締役会長)

こどもの未来のために邁進している4kiz社と本山さんのチャレンジを応援しています!
こどもにとって安心安全かつクリエイティビティが創発されるプラットフォームになることを期待しています!

 

守屋実氏
(新規事業家)

本山さんとの出会いは、「守屋実の新規事業塾」でした。そのときに、本山さんのプレゼンテーションを初めて聞いたのですが、第一印象は、「起業する前から、すでに起業しているに近い」でした。起業はあくまで手段。もっとも大事なことは「何をしたいか」です。その解像度が鮮明に高く、そしてその熱量が飛びぬけて強かったのです。「10年間子どものことを考え続けた結果、SNSの構想に辿り着いた」という時点で、本山さんの「Day1」は、起業を考えている他の人の「Day1」とは違いました。初日がすでに「Day3,650」だったのです。道は、前に進む人の前に拓けます。肚の据わった挑戦の先には、成功が待っています。一意専心、力戦奮闘の本山さんを、応援致します。

 

大冨智弘氏
(エンジェル投資家)

子どもたちがつながり合う世界的オンラインプラットフォームを創りたいという本山さんの強い想いが、何度か話を聞いていくうちに、とても伝わってきました。 コロナ禍やGIGAスクール構想など、子どものライフスタイルも大きく変化していく今だからこそ、必要な事業だと思います。 そして、教育や子育てに長く取り組んできた本山さんだからこそ、周りの人たちの共感を得ながら、やり切ってくれるのではと期待しています。 今後どんな展開をしてくれるのか、楽しみです!

 

鬼塚忠氏
(株式会社アップルシードエージェンシー代表取締役)

本山くんがハーバードの学生時代からのお付き合いですが、起業の話を聞いたとき、遂に人生最大の勝負に出る決断をしたのだなと思いました。
日本を足がかりに世界を目指す心意気に、応援したい気持ちの強さにほだされました。

畠山和也氏
(本気ファクトリー株式会社 代表取締役)

必要な学びのあり方が 「覚えること」から「産み出すこと」に変わっていく中、 SNSという表現の場が大人にだけ開かれている現状は健全な学びの場とはいえません。犯罪の問題など、現在のSNSが大人に限定されていることに合理的な理由があることも事実であり、その問題を解決し、子どもたちに表現と共同の場を作ろうとするところに本山代表の取り組みは意義はあると考えています。甚だ微力ながら子どもたちの学びを場を作れるよう取り組んで参ります。

■4kiz代表コメント

本山勝寛
(株式会社4kiz代表取締役CEO)

今回の第三者割当増資によって、4kizが目指すビジョンの実現に向けて、各界の第一人者の方々に株主としてご参画いただくことができ、大変心強く思っています。
子どもたちにとって安全でかつ創造性を育むことのできる世界的なオンラインプラットフォームは、未だ世界に存在していませんが、これからの時代、必ず必要になってくるサービスです。これまで大手企業がどこも手をつけることができなかった難しいチャレンジであることは承知していますが、昨年末の創業以来、様々な方々から共感、応援をいただき、開発を順調に進めることができています。
今回の第三者割当増資は、4kizが今後、日本国内のみならず世界中すべての子どもたちのつながりをつくるプラットフォームになっていくための強力な布石となり得る応援団であり、株主チームの組成であると考えています。
「こどもの、こどもによる、こどものためのSNS」を創り出すことで、好奇心と創造性が爆発する「こども革命」を起こしていきます。

■ 株式会社4kizについて
・代表取締役CEO: 本山勝寛
・住所:東京都渋谷区広尾5-25-5 広尾アネックスビル3F
・創立:2021年12月1日
・資本金:2500万円
・事業内容
 – 子ども向けSNSサービス、WEBサービス
 – 子ども向け・親子向け事業のコンサルティング、広報支援、SNSマーケティング、商品開発
 – 教育、子育て、子どものSNS等に関する講演、研修、ワークショップ、出版
・HP:https://4kiz.jp

■PRTIMESプレスリリースはこちら